構造物支承

振動、変形、大きな荷重の影響など、橋や構想建造物は時に非常に厳しい環境下におかれます。当社の構造物支承は、こうした負荷に対する耐久性を保証します。品質と長い耐用年数を保証するために、当社は製造工程において最高の精度、継続的なモニタリング、並びに国の材料試験機関との緊密な協力に重点を置いています。

当社の支承は、垂直および水平方向の載荷を伝播し、必要に応じてねじれや相対変位を可能にします。変位を埋めて水平方向の力を伝播する能力によって、支承は次のように分類されます。

  • 固定支承: 水平両方向の力を伝播し、回転も可能。ただし変位は不可能。
  • 水平一軸滑り支承: 水平一軸方向に変位し、他軸方向の力を伝播。回転可能。
  • 水平全方向滑り支承: 水平両方向に変位可能な支承。回転可能、水平方向の力は伝播しません。