ポット支承

構造物の回転は、スチールポットに挿入されたゴムパッドによって可能になります。ゴムパッドは負荷を伝播し、圧力に対して高い剛度で応えます。

変位は、ステンレス製のシート上をスライドするPTFE層によって調整されます。一方向のみ可動な支承や固定支承の場合、水平方向の力はガイドまたは装置を介して伝播されます。内部シールの耐久性は重要なポイントです。当社の特許取得済みのPTFE /カーボンインナーシールは、2km以上の累積回転テストの結果、摩耗は起こりませんでした。

マウラーポット支承の主な特長

  • 少量から中程度の水平方向の負荷に適した、費用効果が高いソリューション
  • EN1337-5に準拠した高品質シールの使用
  • 10-25年の耐用年数
  • -40°C〜+ 50°Cの許容温度
  • EN 1337-5およびAASHTOに準拠

部品

TF

  • 構造物に適切な接続部を備えたスチール製ポット
  • スチール製ポットに挿入されたゴムパッド
  • 特許取得済みのカーボン/ PTFEまたはMSM®シールによりスチール製ポットが密閉され、ゴムパッドの流出が起きません。
  • ゴムパッド上に配置され、スチール製ポットに埋め込まれた鋼鉄板(ポット蓋)。構造物への適切な接続部を装備。

TGA - TGE - TGEQ

  • 構造物への接続部付きスチール製ポット
  • スチール製ポットに挿入されたゴムパッド
  • 特許取得済みのカーボン/ PTFEまたはMSM®シールが、加圧時にゴムが漏れないようにスチール製ポットを密閉
  • ゴムパッド上に配置され、スチール製ポットに埋め込まれた鋼鉄板(ポット蓋)には、水平方向の力を伝播するガイドユニットと、PTFE滑りプレートが装備されています。
  • その上に配置されたステンレススチール製の滑りプレート(滑りパートナー)にはスチール製プレート(サポートプレート)と構造物への接続部が装備されています。