ダンパー

マウラーダンパーは、運動エネルギーを熱エネルギーに変換します。このプロセスは散逸と呼ばれます。ダンパーは、地震の影響によって構造物に伝わるエネルギーを継続的かつ集中的に低減し、水平方向の加速や移動のオーバーシュートによる損傷を防ぎます。この目的のために、様々な材料と液体の減衰特性が使用されています。変形と速度によるシステムのほか、アダプティブシステムがあります。

油圧ダンパー:MHD

マウラー油圧ダンパーは、アイソレータによって免震装置を補い、地震時の負荷と動的載荷による力と変位が減少するため、地震による負荷の場合も機械による負荷の場合も、より優れたシステム作動を実現できます。また、液体の粘性挙動を利用してエネルギーを放散し、高速運動中にも反力が速度にほとんど影響を受けないという点で、従来の線形粘性ダンパーとは異なります。これにより、最適なエネルギー減衰が確保され、制限値の超過を防ぐことができます。地震が発生した場合、高度なフローシステムが相対運動を可能にし、応力を一定のレベルに保ちます。

マウラー油圧ダンパーの主な特長:

  • トリプルシーリングシステムにより完全防水、摩耗なし。
  • 特殊なバルブシステムを備えた効果的な力制限システム機能により装置と構造物を保護。
  • 0.04〜1.0の減衰指数では、システム内の変位と力が減少
  • 作動油の圧縮率が低下し、油圧剛性が上昇することで、作動負荷により変位が最低1〜3 mm生じた場合、ロックが即座に作動。
  • あらゆる気候帯で最適なパフォーマンス。 -40°C〜+ 40°Cの温度に対応。
  • CEマーク付きの最適な設計。完全メンテナンスフリー。
  • MHDにはプレストレスがなく、圧力下ではないため、休止状態でも長期間に渡り完全防水。
  • マウラーは、斜張ケーブルとTMD同調質量ダンパー合わせたセミアクティブダンパーを提供しています。

セミアクティブダンパー

マウラーセミアクティブダンパーは、磁気粘性流体を備えており、その粘度は電子的に調整可能な磁場を介して制御できます。そのため、エネルギー減衰挙動は、最短の反応時間と最小限のエネルギー消費で、個別に定められたアルゴリズムに応じて常に変更されます。このようにして、変形と支承を最適化することができます。

スチール履歴ダンパー:MSHD

スチールの塑性変形は、経済的にも技術的にも、最も効果的なエネルギー散逸のメカニズムの一つです。1970年代に、地震エネルギーの大部分を放散するために、構造物にスチール履歴ダンパーを使用するという考えが生まれ、数多くのタイプのスチール製のダンパーが設計、製造されてきました。その長所は高い信頼性、温度や適用速度に影響を受けない機能、高い耐久性、メンテナンス不要、コスト節約などです。しかし、構造物、特に地震が多発する地域に建設された橋梁構造で必要とされるような、大きな変位に対応する能力が限られていることが重大な欠点でした。マウラーは、この課題に取り組み、二種類のスチール履歴ダンパーを開発し、実験しました。その結果、エネルギー減衰は、ヒステリシス要素を二つの適用された動きである軸方向の動きとねじれに制御させることによって達成されました。


MANTIS®

MANTIS®は、小型から中型のマルチスパンブリッジの耐震保護に非常に効果的で耐久性のある長ストローク履歴ダンパーです。この装置は、耐老化性と耐久性に優れた部材を用い、寿命が長く、弾性的な性能を発揮します。その最適化された形状と高エネルギーの減衰能力により、引張/圧縮載荷条件下で完全に対称的な反力応答が達成されます。

マンティスの主な利点®

  • 大きなエネルギー減衰能力で高効率と性能信頼性による優れた変位低減
  • メンテナンスなしで100年以上の長寿命
  • 2から4最大地震以降でも損傷や障害なしで、フル機能を提供
  • 圧縮および張力の載荷条件下で効果的かつ完全な対称の力学挙動
  • 容易な分析のに適した簡単な二線型モデル
  • 地震発生後の目視検査と機能チェックが容易
  • CE品質保証と認証はご要望に応じて利用可能
  • 必要なエネルギーの消費を達成するためにデバイスのモジュラーまたは並列配置が可能
     

SHARK®

SHARK®ダンパーは、絶対的な構造上の安全性を提供し、潜在的な地震による損傷を回避することができる革新的なエネルギー減衰装置です。装置は鋼鉄だけから成り、特許を得た革新的な設計のおかげで、単純にして非常に効率的なエネルギー減衰性能を発揮します。SHARK®ダンパーは非常に有効なバイリニア履歴ダンパーとして動作します。エネルギーの減衰は、中空部の4つの面に配置された一連の帯状の部材(ラメラ)の弾塑性挙動によって可能となっています。ダンパーは、過酷な極限限界状態(ULS)地震のために設計されており、信頼性と安定した応答を提供します。

SHARK®の主な利点

  • 定期的なメンテナンスは不要で、1つの材料だけを利用するシンプルさによる高い信頼性
  • 構造物と同等の耐用年数
  • 3-4 回の最大地震発生においても障害なく安定した挙動
  • 複数ラメラの平行配置による十分以上な安全の確保
  • 解析に適した単純なバイリニアモデル
  • コンパクトサイズ
  • 目視検査と火災や、その他の不測の事態の後に必要な場合の交換の簡易さ
  • 風やその他のサービス負荷に対する高い疲労強度
  • 欧州規格EN15129または他の規格に応じた設計